検索
  • コンサルタント亀井

大きな転換期を迎えている評価制度

更新日:2月17日

■トヨタ自動車…2020年春ベースアップを見送り

■日立製作所…国内管理職1万1000人対象に年功要素を廃止

■東芝…国内8万人を対象に成果重視の賃金制度導入

■三菱UFJ銀行…一律賃上げを廃止し評価重視へ


※2020年の各種新聞・ニュースより抜粋


終身雇用を大前提とした年功給が廃止され、

1年ずつ給与が上がることが当たり前だった時代から、

仕事の価値や成果・能力によって給与が変わる時代へ

現在の自社の人事制度は最適か、大企業のみならず

中小企業でも見直し、導入される企業様が増加


とはいえ…

「評価制度を導入・改善したい」という顕在ニーズは少なく、

下記例のような課題解決を実現するために、

人事評価制度を活用する企業様がほとんどです!


・離職率の改善

・管理職の育成

・採用力の向上

・社員のやる気醸成

・事業の承継

・コスト削減

・テレワーク対応


弊社がご提案する人事評価制度とは、

従業員の給与の決定・上げ下げのためにあるものではなく

企業の「目標達成」や「課題解決」を実現するための仕組みとなります!



今後はブログにて、弊社が担当させていただいた企業様の

成功事例の取材記事を挙げていきたいと思います。







5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示